最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2014年4月12日 (土)

お風呂でEMのパワーを改めて実感

したこの冬。11月頃〜今現在に至ります。お湯につかるのは週に3−4日くらいかな(なにしろウチは夫Bはシャワー派なので・・・)。

入浴剤+EMの組み合わせ。EM1ではなくEMWを使用。EMの量は30ml〜40ml。

温まるとやっぱりパワーアップするんだなぁ。善玉微生物たちは。お陰で今年はお風呂の黒ずみなしです。

あと、入浴後、お風呂のお湯を排水している間(まだ湯気がほわほわ残っている間)、浴室のドアを開放して部屋にEMの蒸気がまわるようにしてやると、翌朝部屋の空気がなぜか爽やか。スプレーするよりも効きます。

お風呂のお供にはジップロックに入れたiPhon。Audiobookを聞きながらお湯につかってます。

しばらく発酵液を作っていませんでしたが、お風呂に使うとEMWの消費量が多くてすぐになくなっちゃうので作り始めました。下の画像は2−3日後のものですが、もう透明感が出てきて発酵液のいい香りになってきています。気温に合わせてヒーターの前、窓の側の陽があたる場所、と移動させる。光合成菌が入っているので、とあるブログによるとお日様のパワーを頂いた方がいいとのこと。基本は40°

保温がカギっていうのは、なんだか石けんづくりに似てるなー。

Em2_2


Embeingcultured

2011年10月 8日 (土)

来年の夏にそなえる--EM風呂の季節

ちょっと前に書いたEMたち。ただいま培養中。透明感を写したくて、逆光で撮った。

透明感があるのが数日前に仕込んだもの。うまく培養できるとこういう色になってくる。そろそろ使ってもいい頃。成功か失敗かは色と香りで判断♪

寒くなる季節にそなえて、そして来年の夏に備えて、EM風呂が楽しい季節。


201110em1

2009年3月20日 (金)

EMのこと--春になるとEMも元気になる

EM(Efffective Microorganismsあるいは有用微生物群の略)を使い始めて一年以上経つ。

EMWまたはEM1という製品を培養して醗酵液を作り、できた醗酵液を希釈してあちこちにスプレーして拭き掃除。掃除機をかけるときにもカーペットにシュー。徐々にEM菌たちが定着して、表面にバリアをコーティングしたような状態になってくれるらしい。で、静電気とか起こりにくくなってホコリもつきにくくなるし、汚れてもとれやすい状態になる。

今のおうちに引っ越したのは昨年の夏~秋にかけての頃。寒い季節に向かっていた時期はあまりEMの効果をそれ以前に住んでいたところよりも感じられなかった。それでも使い続けていたけれど・・・。

で。
最近お手洗いの床と壁をEMの希釈液で拭いてスグに感じた。

なんか空気が違う!

そう。はじめてEMを使ったときのあの感覚。

EMをスプレーすると空気がとても気持くなるのです。ニオイも消えるし。EMの中には光合成菌なども入っているので、日当たりがよくなって気温があがったほうが元気に活躍してくれるのねえ・・・と納得。冬の間は地味に活動してくれてたんだろうけれど、冬の分の積み重ねもあって、あたたかくなってきたら一気に動き出した~~って感じ。

それ以来、うきうきして廊下やお風呂場やお手洗いを今までよりもEこまめにEMスプレーしたり、拭き掃除したり。

今、つくってる醗酵液もすごく元気でペットボトルが膨らんでる。春を待つのは人や草花や動物だけじゃなかったのね~。有用微生物たちも同じく春を待っていたようです。

EMについて詳しくは『EM菌家事日記』をご覧くださいね~。特に掲示板はワード検索もできてとてもお役立ちです。

最近の写真

  • Image_3
  • Image_2
  • Image
  • Image_2
  • Image